TEL:0266-53-2666 メール
無料相談
アクセス
MENU

諏訪市中洲に2019年9月1日開院

笑顔は最高の贈り物

オーラルフレイル

オーラルフレイル

about Oral Frail

「オーラル」は『口腔の』
「フレイル」は『虚弱』を意味します
この2つの単語のかけ合わせで、オーラルフレイルとは『口の衰え』を意味します

オーラルフレイルについて

「からだの健康はお口から」という考えは、最近では一般的に広まっているので、みなさんご存じだと思います。
『口の衰え』は、からだ全体、さらには精神的・社会的な面も含めて、健康と大きな関わりがあるのです。

オーラルフレイルを見逃さず、対処・予防し、
生涯にわたりおいしく食事ができて、たのしく話せるお口を作りましょう!

お子さんでも下記のような症状はありませんか?

  • 食事中、よく食べこぼすようになった
  • 柔らかいものを好んで食べる
  • 滑舌が悪い

オーラルフレイルを防ぐためには、子供のころからの良好な顎・顔面の成長発育と、適切な口腔機能の獲得が大切です。

口腔機能の大切さ

口腔機能発達不全症のイメージ

口腔機能は子供の時期に発育し、高齢期に低下していきます。
子供の時期に適切に発育させ、高齢期になるべく低下させないことが、生涯にわたって口腔機能を維持し、生活の質を高めるうえで重要なのです。

近年子供の虫歯は減っている傾向にあり、1人あたりの虫歯の数は平均で1本を切っています。その一方で歯並びの悪さ(不正咬合)は90%を越えるとの報告もあり、歯科では重要な課題となっています。
この歯並びの悪さの主な原因となるのが、子供の口腔機能発育不全です。

子供のころに適切な口腔機能が獲得されないと、歯並びの悪さ(不正咬合)だけでなく、将来的に食べる・話すなどの生活において大切な機能に問題が起こる可能性が高くなります。

生涯にわたりおいしく食事ができる・楽しく話ができるお口を維持するには、子供の時期の適切な口腔機能の発達と、高齢期に口腔機能を維持することが重要です!