TEL:0266-53-2666 メール
無料相談
アクセス
MENU

諏訪市中洲に2019年9月1日開院

笑顔は最高の贈り物

お知らせ
スタッフブログ

マタニティ歯科について

こんにちは☻

木々や花が芽吹き始める様子に、春の訪れを感じる季節となりました。春の陽気は気持ちまで明るくなりますね(*´ω`)
今回は、マタニティ歯科についてお話ししたいと思います。
まず初めに、マタニティ歯科とは、妊婦さんを対象にした診療のことをいいます。

●妊娠中のお口の変化●
妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、通常よりもむし歯や歯周病になりやすいと言われています。
なぜかというと…
つわりによって奥歯の歯磨きが難しくなるため、磨き残しが多くなってしまう。
少しずつ何度も食事をするため、お口の中が酸性の状態が長く続き、むし歯ができやすくなる。
女性ホルモンが増加して、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、『妊娠性歯周炎』を引き起こしてしまう。
唾液の性質が変化して、お口の中がネバつき、細菌が活動しやすくなってしまう。
妊娠中でもむし歯や歯周病の治療は可能です(*^^*)お母さんのお口の中を清潔にしておくことが、お母さんと赤ちゃんにとって大切です!

●妊娠期の歯周病に要注意●
歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などの妊婦トラブルの危険性が高くなることが報告されています。
また、母子感染によって乳幼児へのむし歯が移ってしまうことがあり、むし歯の多いお母さんの子どもは早くからむし歯になる可能性が高いと言われています。

●つわり時のお口ケアのポイント●
☆つわりが軽い時間を見計らって歯磨きをする
☆刺激を抑えるために歯磨き粉は使わない
☆顔を下に向けて磨くと、つわりがあったときでも大丈夫!
☆ヘッドが小さめの歯ブラシを使うことで、刺激が少なくできる

マタニティー歯科Q&A
Q:マタニティ歯科受診時期のタイミングは?
A:正常妊娠の場合、安定期にはつわりが落ち着いてくるので、ほぼ通常通りの治療が可能です。出産後は、数時間おきの授乳など生活リズムの乱れから、受診が難しくなることが多いので、妊娠中期での受診をおすすめします。出産後は、母体が落ち着く6~8週以降に治療を再開します。

Q:妊娠中の麻酔やお薬は問題ないの?
A:歯科治療を行う際に使用する麻酔薬は、妊娠中もほぼ問題なく使用できます。含まれている血管収縮剤のアドレナリンも問題となる量ではありません。
治療の痛みによるストレスを考えると、必要最低限の麻酔で痛みを緩和し治療すれば、母体の負担を軽減するとともに、胎児への影響も避けられます。歯の痛みをずっと我慢していると、血圧を上昇させ、子宮にも影響を及ぼしてしまいます。
注射前に表面麻酔を併用して、なるべく細い針で麻酔を行い、できる限り無痛での治療が行えるようにしています。
処方するお薬も、胎盤を通過しずらいものを選択しています。出産後も母乳に移行の少ないお薬を選択しています。

お母さんのお口の中を健康に清潔にして、赤ちゃんの歯と健康を守りましょう(*´▽`*)

(記:髙橋 聖奈)

一覧へ戻る