TEL:0266-53-2666 メール
無料相談
アクセス
MENU

笑顔は最高の贈り物

お知らせ
スタッフブログ

小児外傷の対処法について

こんにちは☺
寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じるこの頃…。
体調面には気をつけながら過ごしましょう。

今回は、お子様が転んで歯をぶつけた際の、対処法についてお話ししてきます。
お子様の場合、親がよく注意して見ていても激しく転んでしまう経験は、よくあるかと思います。
転んでしまったら、大号泣…😢
さらに、出血までしていたりすると保護者の方も慌ててしまい、冷静に判断することは難しいですよね。
いざというときに備え、正しい対応の仕方を知っておくようにしましょう。

○歯の位置がずれたとき

 歯の位置が前後にずれてしまったり、歯ぐきの中にめり込んだ場合、
 低年齢では経過を見ることが多いです。
 下から生えてきている永久歯に影響を及ぼすこともあるため
 生え変わりまで定期的に、歯科医院を受診しましょう。

歯の周りの組織から出血している場合は、清潔なガーゼで圧迫します。
5分ほどで止血します。

○歯が欠けたとき

 ・小さな欠けの場合
  歯科医院での修復の処置が出来ます。
  状態が良ければ、欠けた歯を接着できます。
  歯を乾燥させないように、濡れたガーゼなどに
  包んでおくと良いでしょう。

歯が欠けていなくても、歯が凍みるなどの症状がみられる場合は、歯科医院を受診しましょう。

○歯がグラグラになったとき

 歯科医院で骨や組織の状態を診てもらいましょう。
 ・軽度の揺れの場合
  歯を安静にして、様子をみます。

 ・重度の揺れの場合
  歯の根が折れている可能性があります。
  予後が悪く、抜歯の可能性もあります。

安静にした状態で、歯を咬み合わせないようにして、できる限り早めに歯科医院を受診しましょう。

○歯が根元から抜けたとき

 状態が良ければ、元の場所に戻せます。
 歯を乾燥させないように、冷たい牛乳に浸けるか
 口の中の元の位置に戻しましょう。
 このとき、歯の根についている薄い膜が傷つくと
 戻すことが難しくなります。
 根の部分を持ったり、膜を洗い流したりしないように気をつけてください。
 早ければ早いほど、確立は高くなるので、30分以内を目標に歯科医院を受診しましょう。

○歯が変色したとき

 ・ぶつけてすぐに変色した場合
  歯の内出血や充血が治れば、変色も回復する可能性があります。

 ・ぶつけて数ヶ月後に徐々に変色した場合
  歯の神経が死んでいる可能性が高いです。
  歯の根に病巣が作られる危険性もあるため、
   歯科医院を受診するようにしましょう。

○まとめ

 歯の外傷はいっけん問題なく見えても、
 知らないうちに永久歯に影響を及ぼす可能性があります。
 また、何年も経ってから歯の根に病巣ができる原因にもなりかねません。
 出血が止まったとしてもそのまま放置せず、歯科医院を受診するようにしましょう。
 
 例外として、頭などをぶつけて意識がない場合や、めまいや吐き気などの場合は、
 まずはそちらの治療が優先となるため、専門の科を受診しましょう。
 早めの対応が、治療の予後にも影響するため、痛みなどの症状がない場合でも、
 歯科医院を受診することをお勧めします。

(記:高橋 聖奈)

一覧へ戻る