TEL:0266-53-2666 メール
無料相談
アクセス
MENU

諏訪市中洲に2019年9月1日開院診療予約受付中

笑顔は最高の贈り物

お知らせ
スタッフブログ

かみ合わせについて

こんにちは(*^^*)
先日は雪が降り、より一層寒さが増してきましたね(>_<)

みなさん、ご自身の歯並びって気にして見たことありますか??
歯並びがガタガタしている以外にもかみ合わせの問題などもあるのです。。
今日のブログでは不正咬合(悪い歯並び・かみ合わせ)の種類についてお話ししたいと思います☆

叢生【そうせい】

いわゆる八重歯乱ぐい歯でこぼこの歯並び
叢生(そうせい)とは、あごの大きさに比べて歯が大きいことが原因で、歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言います。
歯が重なり合っているところは歯ブラシが届きにくいため、汚れが残りやすく、むし歯や歯周病になる危険性が高くなります。

上顎前突【じょうがくぜんとつ】

いわゆる出っ歯口が閉じにくい
上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あごの歯全体が前に出ていたりする状態を言います。
上あごの過成長や下あごの成長不足、また指しゃぶりなどのクセも原因となります。
歯が前に出ているので、口が閉じにくい場合があります。口が閉じにくいことにより口の中が乾燥してしてしまうと、唾液による口の中を洗い流す作用が減ってしまい、むし歯や歯周病になる危険性が高くなります。
また、前歯をケガしやすいなどのリスクもあります。

下顎前突【かがくぜんとつ】

いわゆる受け口下あごが出てみえる
下顎前突(かがくぜんとつ)とは、下の歯が上の歯より前に出ている状態を言います。
下あごの過成長や上あごの成長不足が原因で、奥歯にむし歯ができやすかったり、「サ行」や「タ行」などの発音がしにくい場合があります。

開咬【かいこう】

上下の歯に隙間ができて食べ物が咬み切れない
開咬(かいこう)とは、歯が上下で咬み合わない状態を言います。
前歯が開いているので、物を咬み切ることができません。
奥歯ばかりに負担がかかり、奥歯から弱ってしまう危険性があります。
子供のころの指しゃぶりや舌を突き出すクセ、口呼吸などが原因ともなります。

過蓋咬合【かがいこうごう】

上の歯が重なりすぎて下の歯が見えない
過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上の歯と下の歯の重なりが深い状態の歯並びを言います。
図のように、下の歯が見えないほど深く噛み込んでいる状態です。
深く噛み込んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に力が多くかかって歯がすり減りやすいです。

空隙歯列【くうげきしれつ】

いわゆるすきっ歯食べ物が歯の間にはさまりやすい
空隙歯列(くうげきしれつ)とは、あご大きさに比べて歯が小さかったり、歯の数が少ないために、すき間だらけになっている歯並びを言います。
歯のすき間に食べ物がはさまったり、前歯のすき間が目立つことに悩みを持っている方も多いです。

このように様々な歯並び・咬み合わせがあります。
・昔から口元が気になっていた…
・うちの子、歯並び大丈夫かな…?
・笑ったときの口元が気になって、写真を撮るときに上手く笑えない…
・食事の際に上手く噛めない…
など、お悩みのある方はいませんか?

当院では、歯並び・かみ合わせに関するご相談(カウンセリング)は、検査も含めて、
18歳未満の方は ¥500(税抜)
18歳以上の方は ¥1,500(税抜)となっております。
お気軽にご相談ください(*^_^*)♪♪

(松澤 佳奈子 記)

一覧へ戻る