TEL:0266-53-2666 メール
無料相談
アクセス
MENU

諏訪市中洲に2019年9月1日開院

笑顔は最高の贈り物

お知らせ
スタッフブログ

自費補綴について

皆さんこんにちは♡ 医療秘書の朝倉です
今回のスタッフブログでは、補綴(ほてつ)についてお話ししたいと思います!

まず、補綴とは何でしょうか??
わたしも正直、歯医者さんで働くまでは、そんな言葉耳にしたこともありませんでした(笑)
補綴とは、虫歯になり削った歯や、欠けてしまった歯につめる詰め物やかぶせもののことです。
いわゆる「銀歯」と呼ばれているものも、補綴の一種です。
以前は、銀歯をかぶせて修復するのが主流でしたが、現在は金属ではなく天然の歯に近い白い詰め物やかぶせものもありますので、ご紹介します!!

写真全て:(株)ワイドデンタル提供

インレー・・・歯の一部分を覆う詰め物

〇ガラスセラミックス(T-press)
天然の歯の強度に近く、からだにやさしい素材です
◎おすすめポイント◎
 ①とても透明度が高い素材のため、天然歯の色、質感を再現できること
 ②金属アレルギーの方も安心してお使いいただけること
 ③プラーク(汚れ)が付きにくいこと
 ④何年経過していても色の変色がほぼないこと
白いかぶせものの内側の金属が、歯と歯茎の境目から見えてしまっている方、ホワイトニングの効果以上に歯を白くしたい方におすすめです!

クラウン・・・歯全体を覆うかぶせもの

〇ジルコニア
人工ダイヤモンドやセラミック包丁、医療用関節にも使われている素材です
◎おすすめポイント◎
 ①色が天然歯に近く、見た目が良いこと
 ②金属アレルギーの方も安心してお使いいただけること
 ③強度が高いこと
白いかぶせものの内側の金属が、歯と歯茎の境目から見えてしまっている方、かみ合わせが強い方におすすめです!

写真:フルジルコニア

〇ガラスセラミックス(e-max)
天然の歯の強度に近く、からだにやさしい素材です
◎おすすめポイント◎
 ①とても透明度が高い素材のため、天然歯の色、質感を再現できること
 ②金属アレルギーの方も安心してお使いいただけること
 ③プラーク(汚れ)が付きにくいこと
 ④何年経過していても色の変色がほぼないこと
白いかぶせものの内側の金属が、歯と歯茎の境目から見えてしまっている方、ホワイトニングの効果以上に歯を白くしたい方におすすめです!

写真:ガラスセラミックス(e-max)

〇メタルボンド
金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです
◎おすすめポイント◎
 ①歯の表側にセラミックを使っているため、天然歯に近い色が再現できること
 ②金属で補強されているため、耐久性があること
 ③表面はセラミックのため、歯垢や食べ物の色素が付きにくいこと
複数の歯を補うブリッジ(ロングスパンブリッジ)などの治療を受けられる方におすすめです!

写真:メタルボンド(内側が金属のもの)

〇ハイブリット
レジン(プラスチック)90%とセラミック(陶材)10%を混ぜた材料です
◎おすすめポイント◎
 ①色は天然歯に近く、見た目が良いこと
 ②基本的にメタルフリーのため、金属アレルギーの方も安心してお使いいただけること
 ③保険のレジンより強度に優れていること
 ④自費補綴の中で一番安価で白くできること
費用を抑えつつも白くしたい方におすすめです!

写真:ハイブリットブリッジ

今回は、保険外の自費治療のものをご紹介させていただきましたが、保険適応範囲内の白い詰め物もございます。保険で使用できる材料には制限があるため、材料によっては、臭いや変色が起きやすかったり、表面がざらざらしていて汚れや歯垢(プラーク)が付きやすかったりします。また、割れたり欠けたりする可能性もあるため、より良い材料を選ぶなら、自費補綴をおすすめします☆
銀歯を白く目立たないものにしたい、今入っている詰め物やかぶせものに違和感がある、取れてしまったなど、お気軽にご相談ください♡!

補綴も進化をしていて、見た目も使い心地も天然の歯のように違和感がなくなってきておりますが、自分の歯を残して、自分の歯で生活していくのが一番なので、まずば虫歯にならないよう予防していくのが大切ですよ!
今、歯が痛くなくても、ぜひ検診にお越しください。虫歯になる前に予防していきましょう!


(朝倉 楓 記)

一覧へ戻る