TEL:0266-53-2666 メール
無料相談
アクセス
MENU

笑顔は最高の贈り物

お知らせ
スタッフブログ

癒合歯について

こんにちは☺
癒合歯(ゆごうし)ってご存知ですか?
本来は、1本ずつ生えてくる歯が、2本くっついて生えてきてしまう歯のことです。

歯の機能としては問題ないのですが、虫歯になりやすかったり、乳歯の場合だと永久歯との生え代わりがうまくいかなかったりと、様々な問題を引き起こすきっかけとなります。

《癒合歯のリスク》

➊虫歯になりやすい
 癒合している境目は溝になっているため、プラーク(歯垢)が溜まりやすくなります。

➋永久歯が生えにくい
 永久歯の生えてくる歯が少ない場合があります。
 癒合していると乳歯が1本とみなされ、永久歯の芽も1本分しか作られず1本欠如することがあります。

➌生え代わりが遅い
 永久歯の生え代わりの時期に癒合歯がうまく吸収されず、自然に抜けるのが難しいことがあります。

➍歯並びが悪くなる
 癒合歯が抜けた後、2本の永久歯が生えてくるとスペースが狭いため、曲がって萌出したり
 段差になったりと歯並びに影響を与えます。

《癒合歯の対応策》

癒合歯自体に問題があるわけではありません。
乳児期の段階で、無理にレントゲンを撮ったり治療する必要はありません。

➊永久歯の生え代わりが開始する5~6歳頃にレントゲンを撮って、永久歯の有無を確認します。
 歯並びのリスクなどをふまえて経過観察していきます😊

➋生え代わりの時期にレントゲンで癒合歯の根の吸収状態を確認し、必要であれば癒合歯の抜歯をします。

➌定期的なフッ素と歯みがきのケア✨が大切です♪

➍癒合歯の境目にシーラントをして虫歯のリスクを下げます。
 ※シーラントとは…下記の通りです。

癒合歯が疑われたら、お早めにご相談ください😃

(記:髙橋 聖奈)

一覧へ戻る