TEL:0266-53-2666 メール
無料相談
アクセス
MENU

笑顔は最高の贈り物

お知らせ
スタッフブログ

マウスピース矯正について

今回のテーマは、日本の歯科業界においても大きな市場へと成長した「マウスピース矯正」についてです。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正(アライナー矯正)とは、透明な樹脂製で着脱可能な矯正装置です。
従来からあるワイヤー矯正は、口元から金属がのぞくことがありましたが、マウスピース矯正は装置が目立たないため、口元を気にする日本人には受け入れられやすいものとなっています。
矯正治療をしていることがステータスと捉えられ、目立つ装置を気にしていなかった欧米においても、マウスピース矯正は広がっています。

インビザラインとは

マウスピース矯正装置は、現在、様々な企業から発売されていますが、当院ではこれまでに多くの治療データを蓄積し、ビッグデータを用いた製品開発を行っている「インビザライン」を導入しています。
インビザラインの特徴は、歯の細かい動きなどの治療計画を歯科医自身が設計できる点です。そのため、これまでのワイヤー矯正と同じく、個々の歯の状態に合わせて治療計画を練ることが可能です。
これまでに全世界で1000万人の方がインビザライン装置を活用して治療されてきました。それだけのビックデータが蓄積されているわけです。

光学印象とは

治療のためには「お口の型取り」が必要ですが、現在は光学印象といってレーザー等の光によってお口の中を直接スキャンする方法が主流となっています。当院でも光学印象を行っているため、粘土の型取りで辛い思いを経験することもありません。

様々なマウスピース矯正装置

様々な企業から発売されているマウスピース矯正装置ですが、それらの装置による治療範囲(適応症例)は様々ですので、ここでざっと特徴をお話ししたいと思います。

  • キレイライン(KLマーケティング株式会社 本社所在地:日本)
  • スマイルトゥルー(Smile TRU Japan株式会社 本社所在地:日本 )

キレイラインやスマイルトゥルー等は治療価格は抑えられますが、軽度の部分矯正が適応です。前歯中心が治療対象のプログラムが多く、機能面ではなく審美面の改善を主としたものが多いと言えます。
ちなみに、スマイルトゥルーは診断・設計をアメリカの矯正歯科医が行い、製作を日本で行っているのが特徴です。

  • アソアライナー(株式会社アソインターナショナル  本社所在地:日本 )
  • トランスクリア(株式会社GCオルソリー  本社所在地:日本 )
  • シースルーアライナー(株式会社Ciメディカル  本社所在地:日本 )

アソアライナーは、日本の歯科矯正技工所の大手であるASOが製作・提供しており、ソフト・ミディアム・ハードの3種類のマウスピースを10日毎に交換していきます。
トランスクリアやシースルーアライナーはソフトとハードの2種類で、ソフトを1週間、ハードを2週間装着して交換していきます。
いずれも数ステップごとに、型取りが必要になりますが、小臼歯と呼ばれる中間の歯までを治療対象としているプログラムが多いと言えます。

  • インビザライン(アラインテクノロジー 本社所在地:アメリカ)
  • クリアコレクト(ストローマン 本社所在地:スイス)
  • シュアスマイル(デンツプライシロナ 本社所在地:ドイツ)

大臼歯と呼ばれる後方の歯までを治療対象としているプログラムが多く、1回の型取りで何十枚もの装置を製作することが可能です。そのため、中等度以上の治療にも適し、審美面だけでなく機能面の改善も図ることができます。
シュアスマイルはCTデータも活用し、歯・歯根・骨のすべてを3Dモデル化して治療計画を立てることが可能です。

これらの他にも、世界には歯科大手メーカーが提供する、クラリティアライナー(3M)やリヴィルアライナー(ヘンリーシャイン)などもあり群雄割拠、まさにマウスピース矯正における戦国時代です。

いずれの装置を使うにしても、治療開始前の歯や顎の状態をしっかりと把握して、個々にあった治療法を提案することができる「矯正診断」が大切です。
当院では、診断に必要な精密検査を矯正相談の際に行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

おまけ

「矯正」といっても間違いやすいのが、セラミック矯正。セラミック矯正とは、健康な歯を削って上から陶材を被せる治療法で、短期間で歯並びをそろえることが可能ですが、その選択にはメリット・デメリットがありますので、よく考えたうえで選択することが大切です。

(記:吉澤 光弘)

一覧へ戻る